こんなお悩みありませんか?

  • 資金調達まで時間がかかる…
  • 案件をもらっても入金まで期間が長くて資金調達が不安で受注できない…。
  • それに融資は手間暇がかかる。
  • 提出書類の作成や申し込みにも時間がかかり、本業にも支障が出てしまう…。
  • 取引先の支払いが不安
  • 売掛金が未回収にならないか。
  • 支払いの遅延はないか。
  • 新規取引先の開拓が不安だ。




またファクタリングしたくても、

  • 開業して日が浅い
  • 銀行からの借り入れがある
  • 税金の滞納がある
  • 決算が赤字決算
  • 他のファクタリング会社から断られた

という不安や悩みがある人もいると思います。
そこで、
このような建設業界の悩みを解決してくれるのが「けんせつくん」です!

 

資金調達ができる「けんせつくん」とは?

建設業界専門のファクタリングサービス !
それが「けんせつくん」くんです。


 

けんせつくんはこうやって資金調達ができる

お手元の「請求書(売掛金)」をけんせつくんが買取し、運転資金にご活用いただけるサービスです。他業界に比べ、長い入金までの期間を短縮し、即日現金化することが可能です。

けんせつくんのメリット

最短2時間で入金!?

審査開始から最短2時間でというスピード感ある対応をします。

 

簡単ウェブ申し込み!

PCやスマホがあれば全国どこでも対応可能!

 

少額でも個人事業主でもOK!

建設業界の方ならどなたでもOK!
業界経験者のスタッフが担当します!
手数料は業界最安水準の5%〜、お客様の負担を減らします!


 

 

建設業で資金調達にお悩みのすべての方へ

また金融機関や他のファクタリング会社で敬遠されがちな
個人事業主の方や少額からのお申込みでも、ご利用可能です。

 

かんたん3ステップで最短2時間で入金可能

ご利用までの流れ

お申込み

下記リンクをクリックで申込ができます。↓
建設業界専門のファクタリングのパイオニア【けんせつくん】
・税金等を滞納されていてもご利用頂けます!

 

審査

ご提供いただいた情報を元に、審査を行い買取可否を判定します。
判定が出次第、審査結果をご連絡いたします。

 

入金

ご契約完了後、すぐにご指定の銀行口座へ買取金額をご入金します。
※銀行営業時間外の場合、翌営業日となります。


 

 

柔軟な審査対応

 

ファクタリングを利用する方の中には、他の資金調達手段を試してうまくいかなかった方も多いと思います。銀行借入等の資金調達では、基本的にその方や企業の返済能力や財務状況が鍵になってきます。

 

そのため、過去の借入の返済状況や財務状況によって、借入の審査が通らないケースがあります。一方で、ファクタリングは売掛債権の買取りであるため、売掛先の信用度を中心に審査が行われます。ですので、売掛先の信用力が高ければ資金調達出来る可能性は十分にあります。

 

ファクタリングのデメリット

 

(1)手数料が掛かる

 

ファクタリングの最大のデメリットは、「手数料」が発生することです。債権を買い取ってくれる業者は、もちろんリスクを抱えるわけですから、当然といえば当然です。借入やローンを組む際も、利息を払わなければいけないのと同じ事です。

 

ただ、気をつけたいことは、他の借入手段よりも基本的に手数料が高いことです。スピーディーに資金を調達でき、他の手段が使えない場合には有効なファクタリングですが、手数料には注意が必要です。

 

(2)業者が多いため選定が大変

 

ファクタリングを事業として行うためには、特別な資格や許可は必要ありません。そのため、とても多くの企業がこの分野に参入しており、中には悪徳業者も混じっています。ファクタリングを利用するにあたっては、本書の内容等を踏まえて、しっかり業者を選ばれることをお勧めします。

 

(3)ファクタリングから抜け出せない

 

これは特に注意が必要です。ファクタリングはスピーディーに資金調達が可能であるため、一度その便利さを味わってしまうと、毎回ファクタリングを利用してしまうケースがあります。

 

しかし、上述の通りファクタリングは手数料が高いため、長い目で見ると確実に財務状況を悪化させてしまいます。ファクタリングはあくまで緊急的な措置として利用して、ファクタリングを利用せずに済む経営努力が必要です。

 

ファクタリングの活用シーンについて

 

すぐに資金調達が可能で便利なファクタリングですが、実際どういった場面で活用されているのか、その活用シーンをいくつか紹介したいと思います。

 

事業拡大や設備投資などで、まとまった現金が必要

 

企業が成長していくためには、事業拡大や設備投資が重要になってきます。今うまくいっている事業であっても、今後継続して成長出来るかは分かりませんので、事業拡大や設備投資が必要なケースも出てくるでしょう。

 

通常であれば、利益を積み上げた内部留保から資金を拠出したいところですが、タイミングによってはすぐにこういった対応が必要なケースもあります。その際に、ファクタリングを利用すればスピーディーにまとまった現金を手に入れることができます。

 

急な受注増加に伴い、材料を大量に仕入れる

 

季節的な要因や、流行、環境の変化によって、急激に受注が高まることも考えられます。ある意味業界にとっては、バブルのようなもので、その波に乗れば大きく売上を伸ばすことが出来るでしょう。

 

ただ、受注増加に対応するためには、前提として大量の材料が必要となり、先に仕入れが発生します。仕入れに対応出来る余力が無い場合は、ファクタリングを利用して当座の仕入れ資金を確保するケースも出てくるでしょう。

 

入金までのスパンが長く、その間の資金繰りに困っている

 

一番多いケースがこのシーンではないでしょうか。特に事業を始めたばかりの頃は、売上が発生しても入金は数ヶ月後で、先に仕入れ資金等の支出が発生するケースがほとんどです。

 

売上が立っているのに倒産してしまうという、黒字倒産と呼ばれるケースもありますので、資金繰りには注意して、ファクタリングを有効活用していきましょう。

 

融資の審査を待っている時間がなく、早期に現金が必要

 

一般的に、資金調達といえば銀行や消費者金融から融資、つまり借入となります。ただ、融資には審査があり、売上計画や資金計画、財務諸表等、たくさんの書類の準備が必要なケースがほとんどです。

 

さらに、これらの書類を提出しても必ず融資してもらえるとは限りません。審査結果を待つ余裕が無い場合は、ファクリタリングを利用してまず当座の資金を確保するというケースが出てくるでしょう。


 

 

KPIを明確にする

 

 KPIは、(Key Performance Indicator)の略です。日本語では、「重要業績評価指標」と言いますが、「目標の達成具合を評価するために、特に重要な補助指標」と定義されています。たとえば売上を上げるための要素を分解して、その中から特に重要な要素を選定するということです。

 

STEP4 具体的なアクションを明確にする

 

チーム・組織体制を考える

 

 その事業をやるために、どんな人が何人くらい必要で、どういう体制でやるのがいいなど、チーム体制を考えることです。

 

アクションプランとスケジュールを作成する

 

 具体的にやることを考える際に、いちばん重要なのが、アクションプランとスケジュール。いつ、だれが、何をやるのかというスケジュールを考えます。

 

 以上が、事業計画全体に盛り込むべき要素で、行ったり来たりはありますが、考える順番はだいたいこういう順番になります。

 

まずは、ざっくりと最後までつくってみることが大事

 

 ここまでで何か質問ありますか?

 

??STEP1からSTEP4まで、どのくらいの時間をかけてつくればいいんでしょうか?

 

 うーん、人と目的によって違いますね。

 

 たとえば、われわれは慣れているのでDay1(プロジェクトの初日)で一通りこれらを全部議論することもあります。でも、初めてやる人はけっこう時間がかかります。

 

 さらに、何を目的にどのくらいのレベルで事業計画をつくるのかによっても違います。たとえば、市場の魅力度を精緻に調べれば、それだけでひとつのプロジェクトになるので、3か月丸々かかるということもあります。逆に同じ市場規模の試算でも、簡単にやろうと思えば、この場で1分くらいでできちゃうこともある。どれくらい深くやるかによって、かかる時間は大きく違います。

 

 ですからどのくらいかかるというよりは、決められた範囲の時間でつくるという感じです。たとえば2週間でやりましょうだったら、2週間なりのレベルでやっていく。1か月でやりましょうだったら、1か月なりのレベルでやっていくという考えのほうが合っているかなと思います。

 

??一般的につまずきやすいステップはどれですか?

 

 この中のどれかのステップや要素が抜けちゃうっていうケースがよくあると思います。事業の魅力度があまり見えてこないとか、経済的リターンの試算がないとか、ビジネスモデルが不明瞭とか……。そうすると、ツッコミどころが多かったりするんですね。

 

 個別の要素で言うと、「ビジネスモデルを考える」というところがやっぱりいちばん難しいんじゃないかと思います。ビジネスモデルを考えるって、簡単に言うとお金儲けの仕組みを考えることなので、みんながいちばん知恵を絞って考えていることですから、いちばんのキモですし、いちばん難しいところですよ。時間もいちばんかかります。

 

 どのくらい時間をかけるのか、というところに関連して、コツがあるとすると、ひとつひとつの要素を時間をかけてカチカチ詰めていくよりも、1日で全部のステップをざっくりとやってしまうことです。一度全体をざっくりつくったうえで、何度かそのサイクルを回して精緻化していくというステップのほうが、うまくいくケースが多いと思いますね。

 

 あくまでも「計画」なので、将来のことなので、わからないものはわからない。ひとつひとつ完璧にやろうと思っても、無理なものは無理なんですよね。一回ざっくりとやってみると、なんとなくこのビジネス、スジがよさそうだなとか、ちょっと無理そうだなというのがだいたいわかってくる。軽く最初から最後までやってみて、行ったり来たりしながらつくっていきましょうっていうのが、コツのひとつです。

 

2時間目 STEP@事業の意義を明確にする

 

@ミッションを明確にする

 

 まず、あなた、もしくはあなたの会社がその事業をやる意義を明確にします。

 

「ミッション」とは、端的に言うと「目指す姿や提供する価値を定義したもの」です。

 

 どんなことを目指して、どんな価値を提供するのかを明確にすることだと思ってください。日本語に訳すと「理念」とか「使命」とか、いろいろありますが、その違いを議論しても進まないので、ここではミッションをこう定義しておきます。

 

ミッションが重要な2つの理由

 

 ミッションが重要な理由は2つあります。

 

 ひとつは、事業として売上・利益を得ることを目指すのは当然ですが、目指すべき姿がないと、事業を遂行する上での判断軸が定まらず、迷走してしまう可能性が高いということ。

 

 たとえば、これはとても儲かる事業だけど、自分たちの目指すものとなんとなく違うような気がする。どうしようか? という感じになっちゃうんですね。決まったゴールやミッションがあれば、それに基づいて、これはやろう、これはやらないでおこうという判断ができます。だから、いちばん最初に決めるのがミッションなんです。

 

 もうひとつは、目指すべき姿が明確になっていると、チームのメンバーが同じ志向性を持って活動できるため、効果的・効率的な進め方ができるということ。

 

 事業って、ひとりでやることはほとんどありませんよね。チームや部署、さらにはそれを超えたいろいろな人たちと協力しながらやっていくのが一般的です。そのときに、やっぱり同じ志を持っているということはとても重要なので、それを共有するということです。

 

 それができていると、勝手にバラバラに動いたとしても、そんなにブレないものです。

 



更新履歴